センターの紹介

我が国の雇用環境は、少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少等によって、人手不足の深刻化が大きな課題となっています。
また、経済のグローバル化とボーダレス化に伴い、国際競争力を高めるには、高度な専門知識や技術ノウハウを有する国際人材の活用促進の必要性が高まっているのも事実です。
中小企業においても高い専門性や技能を有した人材不足は、「市場対象や地域エリアの拡大」「多様化するニーズへの対応」「新事業や新分野への展開」といった事業成長への制約要因となっていることから、国際人材を活かした経営モデルの構築も求められてきています。
更に、茨城県は2025年時点で10万人を越える労働力不足が懸念されています。

茨城県外国人材支援センターでは、常駐する専門アドバイザーが外国人材の雇用に関するお悩みを伴走型でサポートします。外国人材を雇用・採用する前に、お気軽にご相談ください。

PageTop