外国人材の採用準備

外国人材の採用準備に向けて

企業が外国人材の採用を行う際に準備すべきことは、外国人材をどのような目的で採用しどのような業務を担ってもらうのか、将来どのような人材に成長して欲しい(キャリア形成)のかを社内で決めることです。採用の目的や外国人材に求める役割、外国人材のキャリアが不明確である企業は、一時的な採用は出来ても、将来的に定着することは難しいと思われます。
その理由として、日本と海外とでのリクルーティングに関する方法や価値観が異なることが挙げられます。日本では、一部の専門職を除き、職種を決めずに企業が採用するメンバーシップ型採用が主流です。一方の海外では、ジョブ型採用(職種採用)が主流なため、自分自身のスキルや高等教育機関で学んだ専門知識を活かせる企業や職種を選択して就職します。これらは、先進国のみならず、新興国や途上国においても同様です。
そのため、日本で外国人材の採用を行う際に、候補者の母語や母国の価値観への理解、学校で学んだ専攻分野の知識やスキルを活かせる職種、外国人材のキャリアパスを提示することが採用への近道となり、持続的な定着につながります。

採用前の準備スキーム

STEP 1

外国人材の採用目的・役割・業種との適応性(国)を決める

STEP 2

外国人材のキャリアパスを決める

STEP 3

社内で目的・役割・キャリアの共有を図り、受入れ体制(規定等)を整備する

STEP 4

採用する人材の採用基準を決め、国内外でのアプローチを開始する

受入れ環境チェック

外国人の雇用については、法令でルールが定められています。企業の方は、受入れ前に各省庁の法令集を確認し、行政書士の先生に確認を取るなど、外国人雇用に関する知識を高めておく必要性があります。

外国人の雇用(厚生労働省ホームページ)

受入れ環境チェックシート

チェックシートをダウンロード